心理を突くノベルティ


ノベルティの制作開発においても重要なことですが、顧客心理を突いたノベルティ制作が最も効果が上がります。超巨大企業であれば、人気アニメのキャラクターや独自のキャラクターを用いてノベルティを制作できますが、一般企業ではそういう訳には行きません。

そこで、ノベルティ制作会社に相談をするとアイディアや助言を得れますので、自社独自のオリジナリティ溢れるノベルティを作成することが可能になります。
ノベルティ制作に関する情報は各種ノベルティ制作会社のホームページに掲載されているので是非そちらをご覧ください。ここで、注意すべき点は、決して安易に妥協しないということです。費用面ではもちろんですが、自社の分身ともなるノベルティですので真剣に考え、より効果的な物をノベルティとする努力を惜しまないでください。

悪い例として、適当に製作サイトからのオーダーで制作したのは良いのですが、自分の企図した場所に文字が入らずズレて発注してしまったようなケースがあります。したがって、ノベルティ制作サイトで自ら制作オーダーを行う場合には慎重に行うべきです。費用的には今迄の発注単価を大きく削減できますので、発注数を大幅に増加させることが可能になります。

ノベルティ制作開発


このノベルティに関して、販売促進を第一義として制作されなければならないのは無論ですが、そのための開発作業は一筋縄ではいかない事が多くあります。したがって、こうしたノベルティを専門に取り扱っている企画会社との共同で作業することが最も早く効果的なノベルティギフトの制作につながります。自社がそのノベルティを販促目的で制作するにしても、どのような切り口で制作したいのかという点や、ノベルティ制作コスト、配布ターゲット、配布数、時期など様々な条件を企画段階から相互に相談して決定していくことが重要です。

昨今Web上で簡単に格安商品(例えばボールペンなど)のボディに自社名や自社ロゴを印刷するだけで、完品が出来る発注方法があります。五月雨式に頒布する目的であれば、これでも十分に機能します。費用的にも安価に作れ、自分自身のイメージするノベルティが制作可能となります。またさらに、ノベルティの定番化やシリーズ化も期待できます。ここで、定番化と言いましたが、例えばカレンダーです。自社オリジナルカレンダーや既存カレンダーに自社名を記入するなど様々なカレンダーがありますが、自宅でも会社でもカレンダーは、どこの会社のものと決めている場合が多く、またシリーズ化では、コレクションさせることを目的に制作するものです。