心理を突くノベルティ


ノベルティの制作開発においても重要なことですが、顧客心理を突いたノベルティ制作が最も効果が上がります。超巨大企業であれば、人気アニメのキャラクターや独自のキャラクターを用いてノベルティを制作できますが、一般企業ではそういう訳には行きません。

そこで、ノベルティ制作会社に相談をするとアイディアや助言を得れますので、自社独自のオリジナリティ溢れるノベルティを作成することが可能になります。
ノベルティ制作に関する情報は各種ノベルティ制作会社のホームページに掲載されているので是非そちらをご覧ください。ここで、注意すべき点は、決して安易に妥協しないということです。費用面ではもちろんですが、自社の分身ともなるノベルティですので真剣に考え、より効果的な物をノベルティとする努力を惜しまないでください。

悪い例として、適当に製作サイトからのオーダーで制作したのは良いのですが、自分の企図した場所に文字が入らずズレて発注してしまったようなケースがあります。したがって、ノベルティ制作サイトで自ら制作オーダーを行う場合には慎重に行うべきです。費用的には今迄の発注単価を大きく削減できますので、発注数を大幅に増加させることが可能になります。

ノベルティ制作開発


このノベルティに関して、販売促進を第一義として制作されなければならないのは無論ですが、そのための開発作業は一筋縄ではいかない事が多くあります。したがって、こうしたノベルティを専門に取り扱っている企画会社との共同で作業することが最も早く効果的なノベルティギフトの制作につながります。自社がそのノベルティを販促目的で制作するにしても、どのような切り口で制作したいのかという点や、ノベルティ制作コスト、配布ターゲット、配布数、時期など様々な条件を企画段階から相互に相談して決定していくことが重要です。

昨今Web上で簡単に格安商品(例えばボールペンなど)のボディに自社名や自社ロゴを印刷するだけで、完品が出来る発注方法があります。五月雨式に頒布する目的であれば、これでも十分に機能します。費用的にも安価に作れ、自分自身のイメージするノベルティが制作可能となります。またさらに、ノベルティの定番化やシリーズ化も期待できます。ここで、定番化と言いましたが、例えばカレンダーです。自社オリジナルカレンダーや既存カレンダーに自社名を記入するなど様々なカレンダーがありますが、自宅でも会社でもカレンダーは、どこの会社のものと決めている場合が多く、またシリーズ化では、コレクションさせることを目的に制作するものです。

ノベルティ考察


今でこそ、ノベルティと言っていますがその昔はオマケです。自社が売ろうとする商品やサービスに関して、印象を良くしてもらうための粗品です。ここでは、企業が販売促進のために使用するノベルティ、すなわちオマケや粗品について考えたいと思います。最もこのノベルティで成功した例がその長さや効果の高さから言って世界でも類を見ないものがグリコのオマケです。子供達は、このオマケ欲しさにグリコのキャラメルを買っていた時代もあります。現代でもそのような効果が持続しているということです。

つまり、ノベルティの価値が製品や企業名の価値よりも上回っている現象が起きているのです。ここまで来れば本末転倒的な感が否めませんが、企業としては大成功と言うことになります。それに合わせて、同種のものが野球カードであったり、アニメキャラクターカードであったり、最近では筋消しやガン消しといったアニメキャラクターに模した消しゴム等が人気で、故買市場でも人気なものになっています。これらが昂じて、ガチャ玉市場が出来上がるわけですが、ここでのノベルティの制作から外れますので論じませんが、ノベルティもここまでその価値を昇華させられるようなものを選択したり開発したりしたいものです。

販促ノベルティ制作


デフレの勢いが止まらない日本の現状において、各種商品やサービスを販売する側にとって、その商品やサービスの値下げ攻勢だけでは、中々売上高が伸びない状況になっています。今課題として大きくクローズアップされていることは、どのように顧客にターゲティングをフォーカスして、自社製品やサービスを印象付けられるかと言うことです。ある企業では、広告宣伝戦略を強化し、チラシ広告、Web広告、ラジオ、テレビのマスメディア活用など様々な手法でトライしているところです。

しかし、それらは全て無形の情報提供に終わってしまい、顧客としては見たくなければ見ずに、聞きたくなければ聞かずに済む広告手法ばかりです。こうした中、具体的に顧客の手元に残るもの、物理的な証拠が残るものとして、再び脚光を浴びているのが販促物としてのノベルティになります。ここでは、この販売促進用として活用されるノベルティギフトについてその制作サイトを考察するとともに、その制作から提供方法までを総じて解説し、自社業績の飛躍的な向上につなげる、自社社名、商品名、サービス名の認知度を浸透させるノベルティ活用術があります。

ひとくちにノベルティと言っても非常に多くの種類が有ります。簡単な例で言いますと、100円均一ショップで販売しているもの全てがノベルティグッズとして活用できるますものになっています。したがって、顧客先に対して印象の残るノベルティであったり、常々顧客の目に留まる所に置かれたり、使用されたりするもの考え選択することが最も重要なポイントの一つになっていますので、それを含めてここで紹介します。