販促ノベルティ制作


デフレの勢いが止まらない日本の現状において、各種商品やサービスを販売する側にとって、その商品やサービスの値下げ攻勢だけでは、中々売上高が伸びない状況になっています。今課題として大きくクローズアップされていることは、どのように顧客にターゲティングをフォーカスして、自社製品やサービスを印象付けられるかと言うことです。ある企業では、広告宣伝戦略を強化し、チラシ広告、Web広告、ラジオ、テレビのマスメディア活用など様々な手法でトライしているところです。

しかし、それらは全て無形の情報提供に終わってしまい、顧客としては見たくなければ見ずに、聞きたくなければ聞かずに済む広告手法ばかりです。こうした中、具体的に顧客の手元に残るもの、物理的な証拠が残るものとして、再び脚光を浴びているのが販促物としてのノベルティになります。ここでは、この販売促進用として活用されるノベルティギフトについてその制作サイトを考察するとともに、その制作から提供方法までを総じて解説し、自社業績の飛躍的な向上につなげる、自社社名、商品名、サービス名の認知度を浸透させるノベルティ活用術があります。

ひとくちにノベルティと言っても非常に多くの種類が有ります。簡単な例で言いますと、100円均一ショップで販売しているもの全てがノベルティグッズとして活用できるますものになっています。したがって、顧客先に対して印象の残るノベルティであったり、常々顧客の目に留まる所に置かれたり、使用されたりするもの考え選択することが最も重要なポイントの一つになっていますので、それを含めてここで紹介します。